2011年11月08日

民主党議員フォーラム

民主党本部と地方自治体議員フォーラムが主催する、地方自治体議員フォーラム全国研修会・総会が開催されました。


総会では古本組織委員長と地方自治体議員フォーラム世話人代表の挨拶から始まり、西岡参議院議長の葬儀に参列するために欠席した輿石幹事長の代わりに樽床幹事長代行の挨拶、前原政調会長の全体講演がつづきました。


その後の全体講演で私は、岡本あき子仙台市議と佐藤実伊達市議と一緒に「東日本大震災-その時、地方議員に何ができたか-」をテーマに、南正昭岩手大学教授の助言をいただきながら被災地の実情について話をしました。


話してみると時間が短くもっと伝えたいことがありましたが、それぞれの議会で少しでも役に立ってもらえれば幸いです。


会場からも、全国から寄せられた支援物資やガレキの処理が進まない理由などいくつもの質問があり、その後の懇親会でも災害に対する備えや議会としておこなったことなど、いろいろと岩手の取り組みについて聞かれました。


懇親会には野田総理もこられ、全国から集った地方議員へ同士としてのメッセージをおくりました。




posted by だいすけ at 18:05| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。