2011年05月22日

統一選の総括

民主党本部でおこなわれた全国幹事長・選挙責任者会議に、佐々木順一幹事長と参加しました。


岡田幹事長からは「統一選の最中も党内から批判的な発言などがあり、党がもめている印象をあたえ国民の信頼をそこなった。地方の問題というより中央側の問題であったことに、おわびをしたい。」という話しがありました。


選挙総括は「敗北」であり強く反省すべき結果との弁でありながらも、内閣不信任案に同調しそうな動きについての発言や、内閣と党執行部への批判的行動が原因であったなどの発言も多く、どこか他人へ責任転嫁しているように思えてなりません。


力を持つ内閣や執行部は、常に評価と批判の対象になるものです。うまく運営できない反省を他人のせいにしていたのでは、組織を一つにまとめあげられません。


政治は結果責任、責任は一切自分がとるという決意で物事にあたるのがその職にある者のつとめだと思います。今の党執行部にはそれがあるのでしょうか。なければ失敗を重ねつづけます。


各県連が選挙前から望んでいた「一枚岩になるべき」という意見を速やかに実行すべきであり、複数の県連から声があがっていました。
posted by だいすけ at 23:52| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。