2011年04月02日

被災状況14【視察】複数県議が洋野へ

先般、洋野町の被災状況を把握するため、佐々木一榮議長・小野寺研一副議長と久慈選挙区の中平均県議・嵯峨壱郎県議が役場を訪問しました。


正副議長は3日間かけて、陸前高田市から洋野町までの調査をおこない、29日に召集されている県議会の災害に関する連絡本部の協議の中で、調査結果の報告をするようです。国や県への要望など、今後の対応を決めていくことになるのではと思っています。


町から被災状況の説明のあと、県や国への要望などが町長や職員の方から伝えられました。


その後、種市漁港周辺や八木漁港周辺を見てまわり、被害の大きさを把握し帰路につきました。


またその翌日は、大宮惇幸県議と高橋昌造県議が洋野町の災害調査のため訪れました。飼料をもとに被害の概要を説明したあと、種市と八木地区を中心に現場を見てまわり、次の調査先となる久慈へむかいました。


posted by だいすけ at 20:15| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする