2011年03月20日

平内小学校

110320_110406_ed.jpg



今年度をもって、133年の歴史を数えた平内小学校が閉校となります。


少子化という社会現象、校舎の老朽化という課題がもたらした結果とはいえ、これまで地域と一体で学校運営を行ってきたことを考えると、淋しさを感じてしまいます。


今年度のイベントすべてに“最後の”という言葉があたまにつき、熱心に練った企画を心を一つに取り組んだ1年は、感動と淋しさが交錯する複雑な心境にさせたのではないかと推察してしまいます。


平内小学校の児童が、これから入学したであろう未来の小学生が、大きく羽ばたけるようにと願って決めた決断に、新たな夢をたくすばかりです。


posted by だいすけ at 22:42| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。