2011年03月14日

被災情報7

寸断されていた道も、地域の方々の協力により、通れるようになってきました。それでも、大被害地への道は寸断されたままです。


私の住む洋野町は、停電が解消しおだやかな生活にもどってきていますが、ガソリンが足りず給油できないので移動するのも心配です。盛岡に一往復したらガソリンがほとんどなくなりますが、明日の議会のために今日盛岡入りしました。


携帯電話もつながらず、必要な連絡がなかなかとれません。家の固定電話も県外ふくめうまくつながりにくく、とにかく町内にはつながりません。


被災地を救うために計画停電が模索され、産業界や個人の節電がおこなわれています。このような取り組みは、被災地住民にとって心強いものです。


支えあう地域の力、国内外からの支援や応援の声に、本当の温もりを感じます。
posted by だいすけ at 22:15| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。