2012年04月01日

朝から痛っ

某所でやった卓球とボクシング(ゲーム機)とランニングで、体のいたるところが筋肉痛に。


ひさびさに体を動かしたから?


そういえば、忙しくてここ一週間ちょっとやってなかったんですが、それにしても痛すぎです。


posted by だいすけ at 21:35| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

県政報告

県政報告を、洋野町・軽米町・九戸村の新聞紙に折り込みます。


今回は、岩手県政初となる1兆円を超える新年度予算の概要や、県北沿岸圏域の振興策、洋野町・軽米町・九戸村の主要な公共事業、2月定例県議会代表質問の内容などです。


更に詳しい事業や質問・答弁などは、事務所へお問い合わせください。



posted by だいすけ at 23:16| 岩手 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

代表質問

ここ一カ月、書き込みしてなかったですね。何かあったわけでもなく、何も変わらない日々でした。


2月16日から県議会が招集され、2月23日に会派を代表しトップバッターで代表質問をやりました。


代表質問とは、交渉会派(5人以上の県議で構成する会派)の代表者が質問するもので、知事だけが答弁します。現在は、民主党会派(23名)と自由民主クラブ(12名)が行えます。


テレビ中継があるので、私の30分の質問時間と知事の30分くらいの答弁中は、テレビ岩手で放送されました。


その日は、夕方のニュースや「今日の県議会」←(テレビでの放送)でも取り上げられたので、見た人も多かったはず。いろんな方面から、その反応をもらいました。


来週からは予算委員会です。


県政初の1兆円を超えた「復興元年予算」の審議が行われます。
posted by だいすけ at 19:32| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

超大型の新年度予算案

間もなく始まる2月定例県議会に提案される、予算や条例議案等の説明会がありました。


総額は1兆1183億円で、そのうち通常経費に6531億円、震災関連に4651億円があてられます。この予算規模は、過去最高だった9005億円を大きく超えるものです。


再生可能エネルギーや災害公営住宅・被災者が自宅を建てる際の補助、中小企業や水産業の本格復旧へ向けた支援、ドクターヘリの本格運用(5月)や県立療育センターの整備などが盛り込まれています。


これらの予算案は2月16日に正式に提案され、一般質問や予算委員会等で議論され、最終的に3月21日の本会議で採決されます。

posted by だいすけ at 23:42| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

マッチョじゃなく

最近、腰のあたりに重みを感じ始めてきました。


こうゆう時はたいてい、太ったか忙しい日がつづいたかのどちらかなんですが、今回は両方の理由のような気が・・・


30後半から徐々に、40にはいると明らかに、


肩の関節が固くなったり腹回りを中心に脂肪が落ちにくくなったりと、体の老化現象に気づくようになりました。


そこで、


体を鍛えることにします。


鍛えると言ってもマッチョを目指すのではなく、


ストレッチで柔軟性をアップ
筋トレで脂肪燃焼と筋力アップ


くらいの気持ちで取り組みます。
posted by だいすけ at 20:18| 岩手 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

先進事例を調査

今週は視察ウィークです。


兵庫県庁では、阪神・淡路大震災の八歳児の状況や中長期的課題、被災者のこころのケア対策や防災教育について。


阪神・淡路大震災のメモリアル施設の「人と防災未来センター」を見学し、展示内容や構成、説明員をしているボランティアの方と震災にかかわる意見交換をしました。


堺市では、住宅用太陽熱利用システム設置費補助制度や事業者に対する省エネ・節電支援策、市役所の率先した省エネ・節電対策、それらの効果と課題など、クールシティ堺の取り組みを学びました。


関西電力では、電気のさらなる低炭素化と、太陽光発電を大量に受け入れた際の電力系統の影響の検証を行うために設置した、太陽光発電所の取り組みを調査しました。


名古屋では、北東北三県名古屋合同事務所にて、企業誘致・観光客の誘致・県産品の販路拡大・自動車産業関連の強化策・その他の業務について説明をもらい、意見交換をしました。


東京では、「いわて牛の集い」に参加し、生産者や農協関係者や首都圏でいわて牛を買い入れている会社やホテルの方々と意見交換に励みました。


視察から帰ったらすぐに軽米町へ行き、建設業の方々が主催する軽米建友会の集まりに参加し、現状やこれからの課題について意見や要望を聞きました。

posted by だいすけ at 15:30| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

動くか競馬法



競馬法の改正案が準備されてるとの新聞報道がありました。


その記事
https://www.evernote.com/shard/s162/sh/d026a2e0-9eea-4daa-80f3-c8e714e088c5/c7f81d3a46ebf07bb3ccc579b37dc0cf


その内容をよく見ると、6〜7年前から私が主張していたものではないか!


当時、厳しい経営にさらされていた岩手競馬組合議会議員になった際、自助努力以外に地方競馬の再生ができないかと考えついたのが払い戻し(馬券の75%)の率の変更でした。


1000円の馬券を購入すると、750円は配当にまわり250円は主催者が競馬事業の運営費に使われ、この比率は、競輪もオートも競艇も、公営ギャンブルすべて同じなんです。


それぞれの公営ギャンブルの所管省庁は経済産業省や農林水産省等になっており、公営ギャンブルの払い戻しの率は同じ基準にするという、縦割り横並びの精神がこうさせていました。


自転車よりオートバイが、オートバイより船が、船より馬のほうが経費がかかります。そもそもかかる経費が違うのに?とゆう思いから出てきた払い戻しの率の変更を関係者に話した際の反応は、


競輪主催者は、それは国が決めること。払い戻しが減ると購入者が減るから難しい。地方競馬の主催者にはそうゆう認識はない。


農林水産省の担当者は、ウンともスンとも言わず、どこかを見続けるままでした。


「払い戻し率(25%)の前後3%でも競馬主催者が変更できないか。」
「仮に100億円の馬券が売れ24%の配当にすると1億円が競馬主催者にはいります。その1億円をもって、借金の返済や安すぎる賞金・出走手当やファンサービスに使えれば、攻めの経営を行えるようになる」
「この案は、国が金を出さなくても地方競馬の再生にむけて動きだせるものだ!」
「競馬主催者は、あなたたち(国の担当者)が管理する競馬法の中でしか事業運営出来ないんですよ!」


というようなことを言ったんですが、色好い返事は誰からももらえず、岩手も他県も国も当事者意識がないなぁと思ったものです。国の役人も、私が国会議員ならもっと真剣に聞いてくれるのかな?とゆう気もしました。


ここにきて競馬法の改正案が出てくるとなると、少なくとも数年前から検討されていたことになります。もしやあの時の話が…


こうなりゃ誰が言ったどうこうではなく、地方競馬の再生に向けた主体的な事業運営にむけ、どんどん改革が進むことを期待します。
posted by だいすけ at 21:33| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

福島訪問

昨年から、民主党福島県連の佐藤事務局長(伊達市議)から依頼があり、政府や民主党本部への要望に関する事項や県連運営についての意見交換をおこなうために日程調整をしてきたんですが、日程が固まり福島を訪問しました。


はじめに福島県議会へ行き、佐藤雄平知事に表敬訪問をしました。知事とは私が学生だった20年前からのお付き合いで、お会いすると「知事」ではなく「雄平さん」と呼んでしまいます。災害対応についてや昔話もしながら、20分近くも懇談をさせていただきました。


画面ではなく実物の雄平さんには会ったのも久しぶりでしたが、話の節々に復旧・復興への強い思いを感じると同時に、疲れてるんだなぁと心配にもなりました。きっとマスコミも注目する中、気分転換も出来ず、日々変わる情勢や今後の対応策を考えると、気の休まる時間なんてほとんどないんでしょうね。


その後、農林水産関連の放射性物質対策についてヒアリングをし、議会運営に関しても説明を受けました。


翌日は県連での意見交換会。私からの説明以外にも、被災三県で共通の課題などに関する要望の仕方など、課題の共通認識も深まり有意義な福島訪問となりました。県連執行部のみなさん、ありがとうございました。
posted by だいすけ at 14:58| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

民主党大会

民主党大会にさきがけて昨日は、幹事長・選挙責任者会議や全国政策担当者会議がひらかれました。


ここ数年の党本部の会議に出ていると、地方組織の意見を聞こうという姿勢や、地方から言われたことを実現しようとする姿が感じられます。早速、各ブロック単位で開催された(東北や九州という)会議での意見集約や実現にむけての回答が示されるなど、評価できる部分が出てきました。


ほめる部分はここまでとし、今日も午前中に財務関係や昨日と同様の会議があり午後から党大会でした。


党本部は「税と社会保障の一体改革」を実現のために消費税増税をすすめる考えですが、地方組織からは議員定数削減や公務員の給与カット、事業の見直しなどの行財政の一層の改革なしに増税をすべきではないとの意見や、この時期におこなう増税には反対との考えがでていました。


執行部の答弁からは各党に強く働きかける旨の決意が示されましたが、地方組織は「増税には反対ではない、国会議員も役人も自らの痛みをおこなう方向をしっかり示せば理解される」と結論にまとめたいとの思惑が節々から感じられます。


いわば増税を既定路線化させたい。


しかし国民の政治不信が進んでる中、「これくらい減らしますよ」と決めただけで納得されるものなのか、削減を実現させてはじめて理解されるのではないかと思います。


一度決めたマニフェストの旗も次々とおろしてしまうのに、「方向性を決めた=実現する」なんて国民は思ってませんよ!


民主も民主だし、自民もみんなも共産も社民も・・・この辺でやめときます。
posted by だいすけ at 19:23| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

あわただしい数日

11日から閉会中に開かれる常任委員会等があったんですが、この数日は特にも忙しかったです。


10日の夕方は地元企業の新年会に参加し夜移動で盛岡入り。


11日は農林水産常任委員会、大連友好議員連盟総会、議員総会、日韓議員連盟総会に向けた打ち合わせ、災害復旧事業に関するヒアリングや要望の他に、打ち合わせや会議が続きました。


12日は地域資源活用による観光振興等調査特別委員会、日韓友好議員連盟総会、県政調査会、県民計画アクションプランの説明会、災害復旧事業に関するヒアリングや要望、打ち合わせとつづき夜はマスコミと懇親を深めました。


13日は代表者会議、議員総会、東日本大震災津波復興特別委員会、岩手県からの要望対応、先例等検討小委員会、災害復旧事業に関するヒアリングや要望、打ち合わせでした。


議会日程の都合もあり、夕方から久慈と二戸で開催された建設業協会主催の新年会には参加できませんでした。この数日間は守衛さんから「おもて玄関を閉めますね」と言われてたので、ほぼ最後に議会棟を離れていたのかもしれません。
posted by だいすけ at 22:50| 岩手 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。